簡単に出来るフレブル雑貨の作り方やお菓子レシピなどをご紹介していきます。

ぜひ作って楽しんでみてください。 
                                                    
こちらのサイトからご覧いただけます。↓↓↓

https://niconicoboo.amebaownd.com/

(2017.1〜こちらのサイトに移行しました。)









■2016/12/05■

『ブヒクッキーをつくろう!』 



【基本のクッキー生地の材料】(上記写真のクッキー分)
・薄力粉:100g
・グラニュー糖:40g
・バター(食塩不使用):40g
・卵(全卵):25g(Mサイズ約1/2個分)
・バニラオイル:1滴 卵に混ぜておく(バニラオイルはなくてもよい)


【作り方】

・バターをボウルに入れ室温に戻して、泡立て器でやわらかくする。

・バターのボウルにグラニュー糖を3,4回に分けて入れそのつどよく混ぜ、さらに卵も2,3回に分けて混ぜる。

・薄力粉を加えゴムべらでさっくりと混ぜて粉っぽさがなくなるまで手早く押し混ぜて、ひとかたまりにする。

・ラップに包んで冷蔵庫で冷やす(2時間以上冷やすとよい。)

・ラップを開いて生地を中央にのせ、上に同じ大きさのラップをもう1枚のせる。

・めん棒でまんべんなくのばし、約3〜4mm厚にのばす。
(nicobooでは両端にゴム製の小さなカッティングマット(100均の)を置いて
均等に平らに伸ばしています。)

・トレーにのせて、冷凍庫で20分ほど冷やす。

・生地を冷凍庫から取り出し型で抜く。

《POINT》 凍らせた生地の方がきれいに型が抜けます。固すぎるときは少しおいてから抜きます。
抜いた生地は柔らかくなる前にオーブンシートにのせると形が崩れないです。

・160℃のオーブンで5分焼き、天板の向きを変えて5分焼く。

・温度を150℃に下げて2〜4分、きれいな焼き色がつくまで焼く。

《POINT》 160℃のオーブンで12〜14分位いっきに焼いても大丈夫ですが分けて焼くときれいな焼き色がつきます。





クッキー生地を冷凍庫からとりだしたところ。
(生地を分けて包んで冷やしています。)

型を置いたら小さめのカッティングボードなど平らなもので一気にサクっと押すと
均等に力が加わり歪まず綺麗に抜けます。

100均のクッキー用アルファベットスタンプでネーム入りに。
爪楊枝、ストローなどで顔の表情を。
ブヒ顔型の耳上部で、耳の内側の跡をつけてます。

型のつなぎ目の跡がついてしまうので、指で軽く撫でて消してます。

顔のモフモフの位置や大きさを変えたり…
目の位置、大きさをちょっと変えるだけでも全然違う表情になります。
いろいろアレンジしてみてくださいね。

この分量を基本に、全粒粉にしてみたり、きび砂糖にしたり、バターを減らしたり…
クッキー生地はまだまだ試行錯誤です。

みなさんのお家でも、ブヒクッキーを作ってブヒブヒ食べてくださいね♪


ブヒラッピングを考えるのも楽しいですよ。



■2016/11/18■

『フェルトのフレブルオーナメントをつくろう!』 

☆☆☆ X'mas niconico tree ☆☆☆





【オーナメントの型紙】

↓の画像を保存後、印刷してお使いください。
(画像にカーソルを合わせ右クリック「名前を付けて画像を保存」を選択)
 縮小などして自由に大きさを調整してください。※オーナメント実物は横幅約11cm



【材料と作り方】


【準備するもの】
■フエルト(nicobooでは2mm厚のものを使用)
■針と糸、綿、はさみ(糸は刺繍糸を使用しました。)
■リボンやスパンコール、ビーズ など

【作り方】
1. プリンターで印刷した型紙を切る。(厚めの用紙に印刷すると下描きしやすい)
2.チャコエースなどのペンで型紙に合わせてフェルトに線を引く。(2枚)
3.2の線に合わせて切る。(2枚)
4.2枚を重ねてブランケットステッチまたはなみ縫いで、周囲を縫い合わせる。
  綿を詰めるので、下のお腹の部分を縫わずに開けておく。
  (後ろ足のお腹の部分から縫い始めて前足お腹まで縫って糸を残しておく。)

  ※「ブランケットステッチの縫い方」で検索するとたくさんでてきます。


5.綿を詰めて、縫わずに残しておいた入れ口も全て縫って閉じる。
6.首輪になるリボンや飾りなどを縫い付け、飾るための紐をつけたら出来上がり♪


作ってクリスマスツリーに飾ったり、お友達にプレゼントしたり…
たのしんでもらえると嬉しいです。

私は小学生低学年のころに、よくこういうフェルトのオーナメントを作っていました。
お子さんと一緒に作ってみるのも楽しそうですね。